コロナに負けない!がんサバイバーの工夫と前向きに過ごす心がけ
2021.5.14

2021年5月8日

2021-05-07.png

一般社団法人ピアリング(横浜市都筑区、代表理事:上田暢子 、以下「ピアリング」) は、昨年12月に実施した【第2回新型コロナウィルス感染症(COVID-19)感染拡大によるがん患者さんへの影響緊急調査】における設問「コロナ禍において、がん治療と生活・仕事などとの両立を図るために、日々の生活で工夫していることや、前向きに過ごすために心がけていること」へのがんサバイバーの回答(600件)の結果概要を共有します。

▼2021年5月8日プレスリリースは<こちら>

▼詳細
アンケート内容は<こちら>