Peer Ring・ピアリング About・ピアリングについて
トップページ ピアリングについて

Vision

がんに向き合う人々が、

笑顔と自分らしさを
失わない環境のために
現在、女性特有のがんで通院治療を行っている方は、女性がん罹患者全体の約30%を占め、今後も増加が予測されています。



そんな中、多くの女性がんサバイバーは、周囲に病気を伏せて、 治療と仕事や暮らしを両立させているのが現状です。しかし、闘病生活を続ける中では、 共通の経験を持つ仲間とのコミュニケーションが、大きな支えとなり、前に進む力となります。



私たちは、不安やつらさを抱えながらがんに向き合う人々が、 同じ病気に直面する仲間とつながり支えあえる、温かな環境の実現を目指しています。

Message

代表者メッセージ
上田のぶこ Nobuko UEDA
困難に直面したとき、共通の経験を持つ仲間とつながることができると、信じられないくらい勇気が湧いて、前に進むことができます。 私はそれを、自らの乳がん経験から実感しました。



そこで、治療・仕事・家事や家族の世話で忙しい女性たちが、いつでも、どこからでも仲間とつながり支えあえる場所、生活に必要な情報を交換できる場所、”がん”のことを遠慮なく話せる場所、そんな場所を創ろうと、ピアリング事業をスタートさせました。 今、「ピアリングに出会って、心が救われた!」という、たくさんの声に触れるたび、ピアリングを、安心できるピア・プラットホームとして守り育てていく責任を感じています。



2人に1人が、一生のうちに”がん”を経験する時代。がんに向き合いながら、 自分らしく生きようとするがんサバイバーを、温かく応援する社会を、創っていきたいと思います。

Staff

スタッフ紹介
女性特有のがん(乳がん・子宮頸がん・子宮体がん・卵巣がん・卵管がんなど)を経験したメンバーが、多数活動しています。
理事:彩田ゆう子 Yuko SAITA

妊娠中に若年性乳がんを発症。当時は情報が少なく、絶望と不安の中でさまよう。その後、信頼できる情報と寄り添ってくれる医師や仲間に出会え、家族と人生を歩む幸せを感じる日々。がんになってしまっても、それは決して不幸なことではありません。さぁピアリングの仲間と一緒に、新たな人生の扉を開いていきましょう。

久保文乃 Fumino KUBO

大腸がんと子宮頸がんを経験。心のダメージは大きく、自分の中に抱え込んで何年も思い悩む。その経験から、苦しいと感じたその時に気持ちを吐き出せる場所を提供したいと思い立ち、ピアリングに参画。気を遣うことなく想いを打ち明けられる、温かい気持ちを受け取れる、そんなコミュニティであり続けたいと願っています。

小園美理 Miri KOZONO

2017年冬右乳がん告知。右乳房全摘、抗がん剤・ホルモン治療。翌年秋自家組織での乳房再建。二児のママ。告知当初は子の発達にも心配があり、不安の波にさらわれそうに。ピアリングにたどり着き、温かなメッセージに救われる。福祉職の経験を活かし、サバイバー女性の気持ちに寄り添う活動を開始。楽しい企画も得意。

Group Outline

団体概要
名称
一般社団法人ピアリング(旧:オンライン・ピアサポート研究会)
事業内容
• SNSコミュニティ『Peer Ring(ピアリング)』内における、ピア・コミュニケーションのサポート活動 • 女性がんサバイバー向けの勉強会・講習会、イベント等の開催 • 地域のがんサロン等、がんサバイバー支援事業の運営受託 • がん罹患者の生活課題についての調査・研究 • ピア・サポートの有用性についての発信および啓発イベントの実施 • その他ピア・サポート活動の企画・実施 • ピア・サポート実践団体や患者会、医療等専門職との連携
設立日
2017年6月30日
役員
代表理事  上田 のぶこ 理事    彩田 ゆう子
所在地
225-0002 神奈川県横浜市青葉区美しが丘1-13-10 吉村ビル107号
お問い合わせ

Sponsor

ピアリングの活動を
ご支援いただける団体さま・企業さまを募集しています。
詳しく見る