Peer Ring・ピアリング Community・コミュニティピアリングとは
トップページ コミュニティ ピアリングとは

Peer Ring

がんに向き合う女性のための
ピア・サポート
コミュニティ
「Peer Ring ピアリング」
Peer Ring ピアリングは、乳がん・子宮頸がん・子宮体がん・卵巣がん・卵管がんなど女性特有のがんと診断されて、これから治療を始める方、治療中の方、経過観察中の方が、いつでもどこからでも「自分と同じ病気、似た状況」にある仲間とつながり、支えあえる無料会員制のSNSコミュニティ(オンライン患者会)です。また、オンラインでつながった仲間と実際に会って交流できるワークショップ等も定期的に開催しています。
Webサイトを見る

Features

がんサバイバーを支える
Peer Ring 3つの特長
Point 01
不安や苦しい気持ちを気がねなく
打ち明けられるダイアリー
治療のこと、日々のがんばり・想いなどをダイアリーに自由に記録でき、気軽に仲間とコミュニケーションを取ることができます。家族にも友達にも話せない苦しい気持ちを、先輩サバイバーが受け止め、共感とはげましあいのコミュニケーションをとっています。
Point 02
共通の経験をした仲間に気軽に質問・相談
がんサバイバーは、治療の副作用や後遺症など日常生活をしていくうえでの疑問や不安をたくさん抱えています。ボディケアやウィッグ、治療を乗り切るコツなど診察室未満のモヤモヤを、同じ病気・似た状況を経験した仲間に気軽に質問・相談することができます。
Point 03
安心して交流できる良質なピア・サポートの提供
私たちの想いに共感いただいた女性がんサバイバーが、ピアリング内で良質なピア・サポートを提供するために活動しています。医療者や家族とも違う、誰もが受け入れられる温かい雰囲気で、オンラインでも安心して本音で語り合える仲間とつながることができます。また、セミナーやワークショップ、懇親会など、顔の見える交流の場も、定期的に提供しています。
この他にも、女性がんサバイバーが高い関心を持つテーマについて、女性がんの経験者で構成されるチームが情報収集・取材を行い、治療中・治療後の生活に役立つオリジナルコンテンツをサバイバー目線で発信しています。

Message

顧問医師紹介・応援メッセージ
顧問医師 鈴木瞳先生

「どうして私が…?」「どうして今なの…?」。がんと告知されてすぐは目の前が真っ暗になり、世界から自分だけが取り残されたような気持ちになります。

女性として、妻として、母として、娘として…。あらゆる役割を担って毎日生活している皆さんにとってはなおさら、そんな思いというのはとても強いものではないでしょうか?

私は、2012年から聖路加国際病院ブレストセンターに勤務し、乳腺外科医として診療に携わる中で、多くの乳がん患者さんと出会いました。そして、がんと向き合う過程で、絶望や苦しみ、悲しみや恐怖など、様々なことを経験しながらも、その困難を乗り越えた先に、強く輝き、明日に向かって羽ばたいてゆく沢山の女性を見てきました。

現在、結婚・出産を機に愛知県の一宮西病院乳腺外科に赴任しておりますが、やはりそんな女性たちにパワーをもらいながら日常診療にあたっています。

前向きに生きる女性たちの存在は私にとってとても大きく、診断や治療を通じて、一人ひとりに寄り添って共に歩んでいく幸せに、日々感謝しています。

いつでもどこでもオンラインでつながりを持てるPeer Ringは、仕事や家事と治療の両立で忙しい女性の強い味方だと思います。診察室では相談できない悩みやふと沸いた疑問を、気軽に打ち明けてみてください。そこにはきっと、手を差し伸べてくれる温かい仲間が待っています。

このSNSを通して、診察室では直接お話しできない皆さんにも、適切な医療情報が伝わるお手伝いができればいいなと思っています。 医師として、共にがんに立ち向かう女性の一人として、皆さんのことを、心から応援しています。
タレント 元SKE48 矢方美紀さん

はじめまして。矢方美紀と申します。現在名古屋でタレントとして活動をしつつ、乳がんの治療をおこなっています。

25歳で発病し若年性という事もあり、同じ年代の方がなかなか周りにいませんでした。

同じ病気の方とコミュニケーションをとる場所がある事を知ってはいても、仕事の都合もあり行きたくても予定を中々合わせられず難しいなぁ・・・と思っていました。

ピアリングはWebアプリなので、いつでも自分の好きな時間・場所から、同じ病気の方の気持ちやさまざまな治療法などについて知ることができます。

同じ病気でない方に治療内容や副作用、日々の困ったことを話しても、私が思っている以上に重く受け止められてしまう事があり、誰に話せばいいんだろうと困っていましたが、ピアリング内では周りを気にせずに皆さんのリアルな経験や普段の生活の様子もうかがえて「私だけじゃない。色んな場所でみなさんと繋がっているんだ!」と勇気付けられました。

病気になって思うことは同情が欲しいわけでなく、"ただ辛い。"っていう気持ちをたまには誰かに聞いて欲しい。 そんな風に思う事があります。 それも周りの理解があるピアリングという場所では、伝えて良かったと思っています。
「Peer Ring ピアリング」会員の声
乳がんサバイバー Breast Cancer Survivor

告知後、暗いトンネルに入った自分を、明るい道に導いてくれたのがピアリングでした。たくさんの仲間が、治療の支えになっています。感謝です!

乳がんサバイバー Breast Cancer Survivor

独りじゃないって、もっと皆さんに知ってもらいたいです。顔は見えないけどちゃんと気持ちに寄り添って貰えるサイトは他に無いと思うし、私もいっぱい元気を貰ったので恩返しないとなぁと思います。

子宮頸がんサバイバー Cervical Cancer Survivor

不安やわからないことだらけでしたが、あまり遠出もできず。。。そんな中、あたたかい励ましや、日々を過ごすちょっとした工夫に本当に助けられました!

卵巣がんサバイバー Ovarian Cancer Survivor

みんなあの時の気持ちがわかるから、少しでも辛い気持ちが癒される・・・そして、今度は自分が何か恩返しできる・・・そんな場になるといいですね。